« 監督になる勉強 | メイン | アメリカの映画三大大学と映画監督 »

ウォシャスキー兄弟が起こした奇跡



ウォシャスキー兄弟と言えばなんと言ってもマトリックスで今や超がつく有名な兄弟です。
しかし、最初は道路工事をしながら食いつないでハリウッドで監督することを夢見ていたといいます。

そんな彼らですがバウンドで初監督で成功したのですがその前にスタローンの「暗殺者」の脚本を手がけて監督するステップにしています。

実は道路工事をしてという部分で言えば日本ではサブ監督がそうです。

バイトをしながらチャンスを待っていたとか。

もともと俳優だったサブ監督ですが大友克洋監督の「そろばんずく」出演していたとか。

色々と監督も大変ですがウォシャスキー兄弟に話を戻してみるとこのような努力があってマトリックスがあったということです。
ちょっとマトリックスは日本のアニメをパクり過ぎの部分もありますがとにかく兄弟が遅した一つのアメリカンドリームだったのでしょう。
映画や映像の場合、俳優がいたりスタッフが必要だったりします。

実はこれが一番難関であったりします。
デジタルカメラで動画を撮影することが誰でも出来る時代になりました。

特に映像編集も「アフターエフェクト」「プレミア」といったソフトができたこともありパソコンがあれば誰でもできるという時代です。

問題は被写体ですがこれを補うことができたのがアニメです。
漫画家の場合は一人作画ができればできました。

それに変わって現在CGが台頭しています。

ご存知の方も多いかもしれませんが「ほしのこえ」の新海誠監督や「スキージャンプペア」などはすべて一人最初は制作していました。

スキージャンプペアの場合はデジタルハリウッド(デジハリ)の卒業作品からエイベックスからDVD発売に至ったというケースがあります。

つまり、今までのように本業ではなく副業というか趣味のような感じで作品を発表することができる時代もそのうち来ることでしょう。


つまり、CGを制作する技術があればかなりの可能性が広がっていくということでしょう。
映像作家や映画監督に最近CGクリエーターが増えていることからもこれからの一つの流れになる可能性があります。
映画や映像の場合、俳優がいたりスタッフが必要だったりします。

実はこれが一番難関であったりします。
デジタルカメラで動画を撮影することが誰でも出来る時代になりました。

特に映像編集も「アフターエフェクト」「プレミア」といったソフトができたこともありパソコンがあれば誰でもできるという時代です。

問題は被写体ですがこれを補うことができたのがアニメです。
漫画家の場合は一人作画ができればできました。

それに変わって現在CGが台頭しています。

ご存知の方も多いかもしれませんが「ほしのこえ」の新海誠監督や「スキージャンプペア」などはすべて一人最初は制作していました。

スキージャンプペアの場合はデジタルハリウッド(デジハリ)の卒業作品からエイベックスからDVD発売に至ったというケースがあります。

つまり、今までのように本業ではなく副業というか趣味のような感じで作品を発表することができる時代もそのうち来ることでしょう。


つまり、CGを制作する技術があればかなりの可能性が広がっていくということでしょう。
映像作家や映画監督に最近CGクリエーターが増えていることからもこれからの一つの流れになる可能性があります。


参考になったら人気ブログランキングをクリックしてやってください。
クリックしていただいた方へは感謝いたします。
人気blogランキング


体験的映画監督・映像作家になる方法のトップへ戻る



このリストは、次のエントリーを参照しています: ウォシャスキー兄弟が起こした奇跡: