« スピルバーグが教えるいい映画悪い映画 | メイン | 監督になる勉強 »

ロバート・ロドリゲスの無一文からハリウッド監督へ



デスペラードで有名なロバート・ロドリゲスは人体実験で貯めたお金で作った映画で一気にデスペラードまで出世した監督です。

本にも詳しく書いているのでこの監督はなんと言ってもハリウッドのアメリカンドリームですよね。

日本では森田芳光監督も自主映画を映画関係者を集めて披露して今や日本を代表する監督の一人となっています。

このように決して一人でも映画監督になれないことはないがかなりの実力が要求されていますがこの場合はPRしていくことが重要なのです。

ロバート・ロドリゲスの例は参考になるので是非本を読むことがいいかもしれないですね。

参考

ロバート・ロドリゲスのハリウッド頂上作戦―23歳の映画監督が7,000ドルの映画でメジャー進出!


参考になったら人気ブログランキングをクリックしてやってください。
クリックしていただいた方へは感謝いたします。
人気blogランキング


体験的映画監督・映像作家になる方法のトップへ戻る



このリストは、次のエントリーを参照しています: ロバート・ロドリゲスの無一文からハリウッド監督へ: