« ゲーム業界から映画業界へ | メイン | 作家から映画監督に »

日本のCGとアメリカのCG



日本のCGの場合ソフトウェアは3dsmax,MAYAが多いですね。
ただ、最近は大手のプロダクションが使っている高額の機械を使っているところがたくさんあります。
例えばインフェルノというものがありますがこれがすごいソフトです。
価格と機能がという意味です。

アメリカではMAYA,フーディ二というソフトが需要が多いようです。
特にMAYAは日本でもゲームメーカーのスクエアエニックスが導入しているくらい映像業界ではスタンダードとなっている。

ただ、一つ言えるのが日本ではとにかく安いソフトを上手く使おうというのがありますがアメリカはもともとのソフトに色々なエンジニアがカスタマイズしてドンドンと使いやすくしています。

実際に映像のCGなどの監督になるとこのようなソフトの違いではなく機能の違いやテーマに沿って使い勝手がいいかどうかでアメリカでは決めているようです。

日本ではアップルシードは3dsmaxで制作したと雑誌に書いていましたがゲームなら3dsmaxが徐々に増えていますが日本の大手はsoftimageが多く他にはMAYAが多いようです。

アメリカと日本でCGをやるならMAYAがベストチョイスでしょう。

監督になるというテーマとは若干それましたがCGを目指す人のために書いてみました。


参考になったら人気ブログランキングをクリックしてやってください。
クリックしていただいた方へは感謝いたします。
人気blogランキング


体験的映画監督・映像作家になる方法のトップへ戻る



このリストは、次のエントリーを参照しています: 日本のCGとアメリカのCG: