« 作家から映画監督に | メイン | 映像とアニメの違い »

CGの自主制作



トイストーリーに代表されるCG映画ですが1分作るのに1人でやると数週間かかります。
それくらい時間が制作にかかるのですがこれが作品となると最低10分程度ないとおもしろくないかもしれません。

CGで作品を制作している人で成功しているのは新海監督(ほしのこえ)がいますが他に今後出てくる可能性があります。

ただ、日本では実写の場合はまずハリウッド映画のようなものを1人で制作することが難しいのでアニメのようなものが今度発展するのでないでしょうか。

実際、映画では宮崎作品や大友、押井作品も全部どこかでCGを使っています。
アップルシードなどのような作品もそうですね。

テレビではリリパッド王国や昔スマステーションでもCG作品を放映していました。

CG制作はとにかく時間がかかるのことがありますが今後ソフトが進歩してもこの傾向が
変わらないでしょう。



では、どうやって勉強したらいいでしょう。

2Dならフォトショップやイラストレーター、3Dなら3dsmax,lightwave,MAYA,Softimageがありますがどれもソフトが高額ですが最近は試用版が多く出ていますのでそれで本を買って試してみたらいいと思います。

ただ、無茶苦茶むずかしいので気長にやることでしょう。

学生版のようなソフトが格安で提供されていますからそれを購入することも一考です。

映像ならアフターエフェクト(厳密にはエフェクツと複数形ですが大体の人は日本語での表記をそうしているのでここではトでいきます。)ができればいいと思います。

映画編集ならファイナルカットかプレミアです。

というようにソフトが山ほどありますが要するに自分が使いやすいソフトを使えばいいと思いますが制作した作品から就職を考えているならやっぱりどこの業界や会社かを調べてもいいでしょうね。

3DCGなら3dsmaxとMAYAで大きく変わってきます。

CG監督の仲間入りしてみては?!


参考になったら人気ブログランキングをクリックしてやってください。
クリックしていただいた方へは感謝いたします。
人気blogランキング


体験的映画監督・映像作家になる方法のトップへ戻る



このリストは、次のエントリーを参照しています: CGの自主制作: