« 漫画・アニメ出身の映画監督 | メイン | MTV/CMからの映画監督 »

CGから監督になる方法



CGから監督になった有名な監督はゲーム「ファイナルファンタジー」の監督坂口博信氏がいます。
他に白組というCGプロダクションから「リターナー」の監督山崎貴氏がいます。

ただ、まだ日本ではCGで監督へのニーズが高い反面そこまでのコストを捻出できる映画が少ないのです。

そこでゲーム業界が日本ではアメリカのCGプロダクションに匹敵するものがあります。

ただ、日本では新海誠監督の「ほしのこえ」のようにDVDで自作した作品を販売できます。
つまり、アニメやゲームから発展して今後映画へローコストになった時点で移行していくのではないだろうかと思っています。

最近、「スキージャンプペア」というDVDが流行りました。
この作品は一人で制作した作品です。

このように結局コストが下がってきた時点で常に自動車などを含めて世界に進出して来ましたからこれからは日本発のトイストーリーが世界を席巻することを期待します。



参考になったら人気ブログランキングをクリックしてやってください。
クリックしていただいた方へは感謝いたします。
人気blogランキング


体験的映画監督・映像作家になる方法のトップへ戻る



このリストは、次のエントリーを参照しています: CGから監督になる方法: