森田芳光

コンスタントに映画は発表できる監督の一人。

森田監督ならではの映画は観た瞬間に監督が分かる表現です。

»詳しくはここをクリック

宮崎駿

現在、日本で一番動員数や興行収入が期待できる監督。

アニメではありますが内容が決して軽くなく深みがある内容だけに
何度観ても面白い映画を作り続けています。

»詳しくはここをクリック

崔洋一

映画「クイール」があれば「血と骨」という映画もあり
監督として様々な表現をしている。

また毒舌のコメンテーターという顔も持つ面白い監督。

»詳しくはここをクリック

黒沢 清

独特の世界観がおもしろい監督です。

非常に温厚なイメージがする監督でテレビなどのインタヴューを聞いていると
やさしい感じです。

映画「回路」という作品はストーリーと表現方法が非常に斬新に感じました。

»詳しくはここをクリック

栗山富夫

釣りバカでおなじみのシリーズをずっと担当している監督

山田洋次監督の助監督をやっていた。

»詳しくはここをクリック

北野武

世界のというくらい有名な日本の監督になった北野監督。

ヨーロッパでは絶大な人気を誇る。
あとはアメリカでの成功だけだろうか。

»詳しくはここをクリック

押井守

攻殻機動隊をはじめとして数々の内外のクリエーターに影響を与えている
監督。

実写ではアヴァロンが個人的には好き。

映画マトリックスの元ネタになっていることは有名。

»詳しくはここをクリック

大林宣彦

広島の尾道を舞台にした映画は有名です。

尾道三部作と言われています。
テレビやコマーシャルの演出から映画へ進出。

転校生などの名作を制作した。

»詳しくはここをクリック

大島渚

なんと言っても戦場のメリークリスマス。

坂本龍一をラストエンペラーのベルトルッチに紹介したのも
大島監督だったとか。

世界的に有名な監督の一人

»詳しくはここをクリック

今村昌平

日本映画学校を創設したことで有名。

映画「うなぎ」は最近の傑作。

»詳しくはここをクリック

石井聰互

最近、仙道プロデューサーと組んであたらな新境地を開拓している感がある
石井監督。

第一作目の高校大パニックからずっと走り続けてきた監督です。

»詳しくはここをクリック

庵野秀明

お馴染みエヴァンゲリオンで一大ブームを起こした仕掛け人。

キューティーハニーなどのような実写にも挑戦している監督で
アニメだけでなく幅広い活躍を見せている。

個人的はナディアが好きです。

»詳しくはここをクリック

岩井俊二

現在、日本で監督の名前だけで人が呼べる監督の一人です。

非常にきれいな映像と斬新な発想で数多いのファンを持つカリスマ映像作家。

この監督の作品は全部見ました。
スワロウテイルは2ヶ月で興行収入8億円を突破したヒットメーカー

»詳しくはここをクリック

映像制作お役立ち書籍

図解映像編集の秘訣

編集の勉強する時にススメられた一冊です。編集重要です。


クリエイティヴ脚本術

神話学や心理学からアプローチしているアメリカ式脚本術です。


基礎から始める、プロのためのライティング

ライティングの勉強に読んでください。


画面構成のテクニック

誰も教えてくれないのが画面構成です。これは外から見てても分からない。


めざせ!風景撮影・露出の達人

カメラの露出は撮影に直接影響するテクニックです。


ロバート・ロドリゲスのハリウッド頂上作戦

こいつは最高に面白い。ハリウッドで監督になる方法です。


映画監督術

スピルバーグがどうやって撮影しているかなど興味深い内容です。


映画撮影術

なんのこっちゃって感じですがこの種の本が日本ではないんですよね。


傑作から学ぶ映画技法完全レファレンス

この本は非常に参考になりました。勉強勉強です。


映画監督になる

このサイトのタイトルのとおりの本です。参考にしてください。